2017年08月の記事一覧

チャンピックス錠は、飲む禁煙薬です。

禁煙したくてもなかなか禁煙できない。たばこも値上がりした。そろそろ禁煙したい。でも、なかなか禁煙ってつづかない。。。そんな禁煙に関する悩みを持っている人、多いのではないでしょうか。そんな禁煙したい方に朗報です。米ファイザーから2008年5月8日から新しい禁煙薬が発売されました。それがチャンピックス錠です。一般名は、バレニクリンと呼ばれています。このチャンピックス錠は飲む禁煙薬。いちばんの特徴は、…

チャンピックス錠の効果について

チャンピックス錠について紹介します。改めてですが、チャンピックス錠は禁煙治療薬。しかも経口剤です。飲む禁煙薬なんです。通常、成人の場合は、第1〜3日目は0.5mgを1日1回食後に経口投与、第4〜7日目は0.5mgを1日2回朝夕食後に経口投与、第8日目以降は1mgを1日2回朝夕食後に経口投与します(※ファイザー社ホームページによる)。ただし、副作用がありますので、医師の正しい判断を仰いでください。上記が正しいとは限りませ…

チャンピックス錠の副作用について

禁煙市場は、まだまだ開拓できる市場です。例えば、アメリカでは約5000万人の喫煙者の7割が禁煙を望んでいると言われ、潜在市場として以前から注目されています。 米国では毎年、喫煙者の半数が禁煙を真剣に試みており、1年経っても吸わないでいられる成功率は、意志だけの場合わずか3〜5%。禁煙パッチや禁煙ガムの助けを借りても15〜25%。そのため「チャンピックス錠」の潜在市場は年間10億ドル以上と見られています。こ…

チャンピックス錠の価格について

ファイザー製薬から発売された新しい禁煙補助医薬品チャンティクス(Chantix)ファイザー製薬※米国名はチャンティックス、日本名はバレニクリン■チャンティクス1mg 56錠 1ボトル  19,000円■チャンティクス1mg 56錠 2ボトル  37,000円製造国:Germany ファイザー製薬商品パッケージ:米国内販売ピル形状:錠剤 1ボトル56錠で約1ヶ月の使用量上記は、ある医薬品輸入業者の設定しているチャンピックス錠の価格です。ただし、…

チャンピックス錠ニュース―禁煙したい人はたくさんいます!

* ニコチン依存症の割合が最も高いのは鳥取県(79.5%)、最も低いのは京都府(63.5%)。 * ニコチン依存症を最も自覚しているのは大阪府(78.9%)、最も自覚していないのは徳島県(48.9%)。■ 6割以上の喫煙者が、ニコチン依存症という病気を認知しているにも関わらず、実際に医療関係者に禁煙について相談したのは1割以下。〜ニコチン依存症が最も認知されているのは高知県(70.0%)、最も認知されていないのが静…

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。