チャンピックス錠は、飲む禁煙薬です。

禁煙したくてもなかなか禁煙できない。
たばこも値上がりした。そろそろ禁煙したい。
でも、なかなか禁煙ってつづかない。。。


そんな禁煙に関する悩みを持っている人、
多いのではないでしょうか。


そんな禁煙したい方に朗報です。
米ファイザーから2008年5月8日から新しい禁煙薬が発売されました。それがチャンピックス錠です。一般名は、バレニクリンと呼ばれています。このチャンピックス錠は飲む禁煙薬。いちばんの特徴は、ニコチンを含まない経口剤ということ。いままでの禁煙治療薬は、ニコチンの量を減らしながら、徐々に中毒を解消するものでした。しかし、チャンピックス錠は、まったくニコチンを含んでいません。さらに経口剤ですから、チャンピックス錠は飲む薬なんです。簡単に処方ができるんです。


ただし、副作用も報告されているので、医師の正しい指示のもとで処方しなければなりません。チャンピックス錠は、これからの禁煙を助ける治療薬として活躍していく予定です。


【チャンピックス錠の詳細】
チャンピックスR錠の概要
製品名 チャンピックスR錠0.5mg、同錠1mg(Champix Tablets)
一般名 バレニクリン酒石酸塩(Varenicline Tartrate)
分類 α4β2ニコチン受容体部分作動薬(禁煙補助薬)
効能・効果 ニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙の補助
用法・用量 通常、成人にはバレニクリンとして第1〜3日目は0.5mgを1日1回食後に経口投与、第4〜7日目は0.5mgを1日2回朝夕食後に経口投与、第8日目以降は1mgを1日2回朝夕食後に経口投与する。なお、本剤の投与期間は12週間とする。
特徴
1. 新しい作用機序に基づく、日本で初めてのニコチンを含まない経口禁煙補助薬です。
2. ニコチン依存症の喫煙者において高い禁煙率を示します。
禁煙を希望する日本人喫煙者を対象とした12週間投与の二重盲検比較試験において、主要評価項目の第9〜12週の4週間持続禁煙率は、チャンピックス1mg 1日2回投与群で65.4%(85/130例)、プラセボ群で39.5%(51/129例)で、チャンピックス群はプラセボ群と比較して統計的に有意に高い禁煙率を示しました。
3. 喫煙により得られる満足感を抑制します。
4. 禁煙に伴う離脱症状およびタバコに対する切望感を軽減します。
製造販売 ファイザー株式会社
包装 チャンピックス スタート用パック: (0.5mg×11錠、1mg×14錠)×5パック
チャンピックス錠0.5mg: 14錠(PTP)× 2シート
チャンピックス錠1mg: 14錠(PTP)× 6シート
チャンピックス錠1mg: 14錠(PTP)× 50シート
薬価 チャンピックス錠0.5mg  0.5mg 1錠  132.60円
チャンピックス錠1mg  1mg 1錠  237.40円
薬価収載日 2008年4月18日(金)
発売日 2008年5月8日(木)

トップ > チャンピックス錠とは > チャンピックス錠は、飲む禁煙薬です。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。