チャンピックス錠の効果について

チャンピックス錠について紹介します。


改めてですが、チャンピックス錠は禁煙治療薬。しかも経口剤です。飲む禁煙薬なんです。通常、成人の場合は、第1〜3日目は0.5mgを1日1回食後に経口投与、第4〜7日目は0.5mgを1日2回朝夕食後に経口投与、第8日目以降は1mgを1日2回朝夕食後に経口投与します(※ファイザー社ホームページによる)。ただし、副作用がありますので、医師の正しい判断を仰いでください。上記が正しいとは限りません。


さて、その効果ですが、喫煙による満足度を抑えられます。その他、禁煙に伴う離脱症状およびタバコに対する切望感を軽減します。臨床結果によると、ニコチン依存症の喫煙者において高い禁煙率を示しているようです。

禁煙を希望する日本人喫煙者を対象とした12週間投与の二重盲検比較試験において、主要評価項目の第9〜12週の4週間持続禁煙率は、チャンピックス錠1mg 1日2回投与群で65.4%(85/130例)、プラセボ群で39.5%(51/129例)で、チャンピックス錠群はプラセボ群と比較して統計的に有意に高い禁煙率を示しました。


ファイザー社のチャンピックス錠で禁煙のサポートができる。なかなか禁煙ができない方はチャンピックス錠を試してみてはいかがでしょうか。ただし、チャンピックス錠は医薬品です。処方する際には、個人の通信販売で購入するのではなく、医師の正しい指示のもとで処方するようにしましょう。チャンピックスには副作用がありますから。

トップ > チャンピックス錠の効果 > チャンピックス錠の効果について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。