チャンピックス錠の副作用について

禁煙市場は、まだまだ開拓できる市場です。
例えば、アメリカでは約5000万人の喫煙者の7割が禁煙を望んでいると言われ、潜在市場として以前から注目されています。

 米国では毎年、喫煙者の半数が禁煙を真剣に試みており、1年経っても吸わないでいられる成功率は、意志だけの場合わずか3〜5%。禁煙パッチや禁煙ガムの助けを借りても15〜25%。そのため「チャンピックス錠」の潜在市場は年間10億ドル以上と見られています。


これは、ある記事からの抜粋。
チャンピックス錠に関する情報です。


その情報の中で気になったのが、チャンピックス錠の副作用について。チャンピックス錠は禁煙に有効ではあるものの、副作用についていろいろと取り上げられています。チャンピックス錠はいままでの禁煙治療薬とは異なるため、販売後の副作用が見つかることも珍しいことではありません。下記は、チャンピックス錠に関する副作用についてのある記事の抜粋です。


製薬世界最大手の米ファイザーは18日、飲む禁煙薬「チャンティックス」を服用した患者がうつ状態になったり自殺したりする懸念があると警告した。米国で医師に配布する説明書にこうしたリスクを詳細に記載し、患者の行動をよく監視するよう呼びかける。日本でも「バレニクリン」の呼称で同薬の発売を計画している。

 服用と精神疾患の因果関係は今のところ明らかではない。ただ服用後に興奮しやすくなったり自殺願望を抱くなどの異常行動が相次いでいる。米食品医薬品局(FDA)も調査に乗り出しており、まず注意書きの表現を強めたうえで目立つようにする。

 チャンティックスは2006年夏に米国で発売。ニコチンを含まない新しい型の飲む禁煙薬で、脳内の特定の受容体に結びついて喫煙と同様の状態をつくり、禁煙を助ける。医師の処方を受けると服用できる。2007年7―9月期には世界売上高が前年同期比で7.3倍に急拡大している。
【シカゴ=毛利靖子】


チャンピックス錠は、有効であるとの臨床結果がでていますが、異常な行動を起こすケースも報告されており、正しい処方と処方後のケアが大切だとファイザーがドクターに向けて呼びかけているといいます。

チャンピックス錠に興味をお持ちの方は、チャンピックス錠を通信販売で購入するのではなく、医師の指導のもと、正しく処方しなければなりません。

トップ > チャンピックス錠の副作用 > チャンピックス錠の副作用について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。